ブログ

01/27/2016

その「痛みの悪循環」にどう効くのか。その前に現代科学は鍼灸をどう見ているのか、という事を知って欲しいと思い、今回はそのような流れになっています。

  実際は紀元前から書物に記載があるので、2000年以上の歴史のある医療なのですが、科学的な視点から見つめられたのはたった40年前で、まだ解明されていない部分が多い分野なのです。

 

 痛みには、特に「神経」が痛みに大きく関わっていますが、この「神経」はわかっているようで掴みどころがないもので、例えば私たちが「自我」や「思考」を持っているのはこの「神経」が集まった「脳」が作っているのはわかっていますが、

なぜ「神経」がたくさん集まると「自我」「思考」が生まれるのは大きな謎ですね。

 

  つまりは神経がわからないという事です。神経がわからないという事は体の大半の事がまだわかっていないと...

01/20/2016

今回で「痛みの悪循環」の大まかな流れの説明は終わりました。

その仕組みからどうすれば悪循環を絶つことができるのか。

今回は医師が行う「ブロック注射」の仕組みを簡単に説明しています。

 

「ブロック注射」は気休めで根本的に治さないのでは?と聞く事が多くあります。

このように悪循環を一度でも絶つと筋肉が緩み、血流が増大して体が周辺の組織を修復しやすくなります。

ブロック注射と鍼灸の違いは、薬剤を主に使用して「痛みの悪循環」に対して対策をとるのか、薬剤を使わず物理的にうまく効果を出して対策をとるのか、という事になります。

 

次回は鍼と絡めてお話を進めていきます。

 

 

01/13/2016

「痛みの悪循環」の続きになります。

 筋肉には体を動かす以外に体を守る役割あり、それが過剰で血が流れにくくなり、それ自体が痛みとして感じ、その痛みから守ろうとまた筋肉が硬くなるという悪循環という説明です。

 続きは「撫でる、揉む、鍼灸」がこの悪循環を絶てる、というお話です。

 

01/06/2016

 少々間が空きました。お久しぶりです。明けましておめでとうございます。

 

今回から「痛みの悪循環」について取り上げていきたいと考えています。

肩こりや腰痛などは未だに科学的に説明が難しく、また完治は難しいとされている症状です。

なぜなら人それぞれ、またその時々によって原因が変わり、仮に適切な治療をほどこせたとしても、その原因が日常生活に存在し続ける限り再び現れるものだからです。

 

しかし科学的にわかっている範囲を理解し、その時々に適切な対処をすればそれ以前よりも快適に過ごす事ができるのは明らかです。

是非読み進めて理解を進め、生活の足しにしていって欲しいと考えています。

 

 

Please reload

最新の記事

February 10, 2016

Please reload

過去の記事
Please reload

タグで探す
Please reload

当院2Fの喫茶店

化学調味料不使用

所在地 〒930-0044 富山県富山市中央通り1-5-10

Copyright (C) みみずく鍼灸院 All Right Reserved