ブログ

04/13/2016

今回も小説家です。

イギリスの小説家、チャールズ・ディケンズです。

「クリスマス・キャロル」「二都物語」「大いなる遺産」などの代表作は現代でも映画や舞台で親しまれています。

2003年までの10UKポンド紙幣に肖像画が書かれていました。

(旧紙幣、約1000円の紙幣といえば、日本で言えば夏目漱石になりますね)

 

 

 

 

 

 

チャールズ・ディケンズ

1812-1870 満58歳没

バルザックを見た後では正に理想的とも思える睡眠時間・時間帯。

集中してお昼には仕事をやり終え、午後は活発的に運動を行う。

夕方から夜にはゆったりと過ごしています。

 

真似をしたいけれどそこまでの余裕はないから真似できない、理想的な生活リズムと思えます。

 

 

1860年頃から創作力の衰えから公開朗読に力を入れるようになったようですが、それに熱中する余り過労で死期を早め...

04/06/2016

今回はフランスの小説家、オノレ・ド・バルザックを見ていきましょう。

作品は見た事が無いですが、近代小説の形を作った方という事で間接的に現代人は皆、恩恵を受けていると言えるかもしれませんね。

オノレ・ド・バルザック

1799-1850 満51歳没

かなり変則的であり、表の中で最も仕事時間が長い人物です。

満51歳で亡くなったのですが、働きすぎで亡くなったのかと言えば違うようで、

大食いからの糖尿病が原因での腹膜炎が原因のようです。

 

小説家としての成功が有名ですが、事業の失敗や贅沢な暮らしや食事で借金を家族に負担させてしまった面もあるようです。

 

糖尿病は現代でも猛威を振るっていますが、食べすぎが主な原因の病気です。

(生まれつきの方もいます)

 

予防するには簡単に言えば飲食を節制すればいいのですが、それば難しいものですね。

しかし予防して...

Please reload

最新の記事

February 10, 2016

Please reload

過去の記事
Please reload

タグで探す
Please reload

当院2Fの喫茶店

化学調味料不使用

所在地 〒930-0044 富山県富山市中央通り1-5-10

Copyright (C) みみずく鍼灸院 All Right Reserved