鍼灸まんが「痛みの悪循環」3,4

「痛みの悪循環」の続きになります。

 筋肉には体を動かす以外に体を守る役割あり、それが過剰で血が流れにくくなり、それ自体が痛みとして感じ、その痛みから守ろうとまた筋肉が硬くなるという悪循環という説明です。

 続きは「撫でる、揉む、鍼灸」がこの悪循環を絶てる、というお話です。


最新の記事
過去の記事
タグで検索
まだタグはありません。